ごあいさつ

2009年9月、津屋崎ブランチが誕生して6年以上の月日が経ちました。国民宿舎や恋の浦の撤退、西鉄宮地岳線の廃止などが続く中、地元を元気にするための活動の一つとして、空き家を活用した地域コミュニティの維持がありました。現在では、津屋崎で暮らす先人たちの思いやその歴史を継いで共に暮らしていきたいと、100名を超える方々が移り住んで来られるに至っています。

これから、空き家はさらに増えると予測されています。一方で「空き家を地域のために役立てたい」「何世代にも渡って大切にしていきた家をこれからも大切にしていきたい」そんな思いの方も大勢いらっしゃるでしょう。

そこで、福津市や地元の方々の協力の元、これまで以上に円滑で柔軟な対応ができるように、設計、不動産、施工、造園、税務、まちづくりの分野の専門家が集い、空き家活用のための総合相談窓口「津屋崎空き家活用応援団」を開設するに至りました。

空き家は個人のものでもありながら、地域コミュニティが継続していくための地域全体の大切な財産でもあると考えています。地域の未来のために、どうか力を貸してください。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

よくあるご相談

改修資金を払えなくて・・

金銭的な負担がほとんどかからない活用プランをご提案しますので、ご安心ください。

荷物の整理が大変・・

荷物の整理はこちらにお任せください。その他、使い継いでくれる人もお探しします。

知らない人が住むのは不安・・

借りる人の性格や人となりを見極め、大家さんや地域の方々と馴染める人のみをご紹介します。

居座られたらどうしよう・・

金銭的な負担がほとんどかからない活用プランをご提案しますので、ご安心ください。
 


空き家活用までの流れ

1. 相談の予約を入れる


まずはお電話をいただき、相談日をご予約ください。
ちょっとしたご相談は、お電話でも承っております。お気軽にどうぞ。
0940-52-9610
yoyaku@tsuyazaki-akiya.com

2. 窓口にて相談する


現在の空き家の状態やお困りごと、不安、活用についてのご希望などをヒアリングさせていただきます。

3. 現地調査


空き家の状態を確認するため、建物の外部内部、敷地の状況などを調査させていただきます。

4. 活用プランのご提案


現地調査をもとに、賃貸や売却、別荘利用など、大家さんの
ご意向に合わせた活用プランをご提案させていただきます。


これまでの活用事例

住み継がれた古民家

( Y邸・津屋崎)

 

長期間の空き家状態が続き、雨漏りなどによる劣化が進んでいた店舗兼住宅の古民家。
「建物を生かして住みたい」というご家族が見つかり、売却後、改修して住み継がれることに。
津屋崎のまちなみに合わせた外観は、新しくもどこか懐かしい風景を作り出しています。

 

 

5年間空き家だった古家を賃貸住宅に

( S邸・渡)
 
シロアリの被害が大きく老朽化の激しい空き家でしたが、
大家さんから「更地にするのは不甲斐なくて」とご相談をいただき、 賃貸住宅として改修を施しました。
東京から移り住んだご家族は、 ご近所さんとも仲良く暮らされています。
 
 

 
 

津屋崎に移り住んできた皆さんと大家さんの声

 
家主の上田則保さん
借主の細井護さん
 
津屋崎干潟のそばにある「みんなの木工房=テノ森」は、荷物置き場だった倉庫を活用してつくられました。
「工房開設への思いをまっすぐな瞳で語る細井さんに心を動かされた」と家主の上田さん。
今では、たくさんの人がこの場所で木に触れ、ものづくりの時間を楽しんでいます。

 

 
家主の西野正行さん
借主の伊東さんご夫妻
 
伊東さんご夫妻は2年ほど前に福岡市内から移り住んで来られました。
「この家は昔からお客さんが多かったんです」という西野さん。「そういえば、この家に住んでから、いろんな国の人や友達が来るようになったね」と頷くお二人。ご近所さんとも仲良しで、一緒に陶芸教室に通ったり、食事に出かけたりと、ここでの暮らしを楽しまれています。

 

 
家主の占部登久子さん
借主の古橋さんご家族
 
3年ほど前に引っ越してこられた古橋さんご家族。「大家さんの家財道具の一部を、そのまま使い継がせてもらっていますとお二人。
毎年暮れに、大家さんの餅つき道具を借りて、ご近所さんと一緒に餅をつくのが恒例だそうです。長男の寛太郎くんも生まれ、ますます賑やかな毎日を送られています。

 

 

お問い合わせ


津屋崎
空き家活用
応援団

大切な家、だからこそ


団員一覧

 津屋崎ブランチ 山口覚   西野木材株式会社 西野浩太郎
 暮らしの問屋  古橋範朗  金氣順也建築工房 金氣順也
  −団員を随時募集しています。ご興味を持たれた方は、ご連絡ください。


お問い合わせ先

 〒811-3304 福岡県福津市津屋崎4-15-17(担当:暮らしの問屋 古橋範朗)
 0940-52-9610
 info@tsuyazaki-akiya.com


協 力

 福津市  津屋崎地域郷づくり推進協議会  津屋崎千軒民俗館 藍の家保存会